立美祭・日本画

こんにちは。日本画科講師の吉田です。
10月1日、立美祭が開催されました。
今年は例年よりも短い展示時間でしたが、お越し下さった皆さま、ありがとうございました。
立美祭では普段の受験課題とは異なり、各科の生徒がそれぞれ二週間~1カ月近くをかけて制作した作品を披露します。
大学に入り、専門分野の勉強を本格的に始める前の段階であるこの時期、じっくりと自由制作をすること。
自分は大学に入ってから何を作りたいのか?
自分の理想通りの作品を作り上げる為に足りないことは何なのか?
受験勉強を日々こなし、技術や観察力を固めるだけでは見えて来ない課題が各々浮かんできたのではないでしょうか。
日本画科では今年、昼間部生の殆どと一部の夜間部生が日本画画材を使用した作品制作に挑戦をしました。
日本画画材は高価で制作に手間と時間が掛かることもあり、大学受験では主に水彩画やアクリル絵具を用います。
その為、大学に入学してから日本画画材を初めて扱う、未知の画材に最初随分戸惑った…と言う人も決して少なくありません。
予備校にいる間、一度本格的な画材に触れておくことで、入学後の制作をますます楽しみに思って貰えたら良いなと思います。
各科力作が並ぶ中、日本画科からは北野茜さんの作品『 自我像 』がオーディエンス賞を受賞しました。

IMG_4782.jpg



以下、北野さん本人による受賞コメントです。
《本人コメント》
授賞式に参加していなかったためオーディエンス賞を受賞したことは友達からの連絡で知りました。授賞式に参加しなかった理由は自分の作品に自信が持てず結果を知ることが怖かったからです
オーディエンス賞を受賞したことはとても嬉しかったのですがその反面自分の作品を信じることができなかった私に受賞する権利なんてないのではないかと考える自分もいます。自分自身が作品を責任持って信じることを放棄することは見てくださった方々に失礼なことをしてしまったのではないかと感じました。
作品のテーマは「表現とはなにか」です
これは高3の秋美術の先生に聞かれたことです。その時私は「生きること」と答えましたが浪人するにあたりもう一度しっかり考えようと思いこのテーマにしました
表現とは自分を確認する行為だと私は考えました
人は自分という死ぬまで絶え間なく変化する不確かなものを抱えています
それを自分に、相手に見える形に残すことで今現在の自分を理解しようとするのではないでしょうか
絵を描くことや歌うことにとどまらず、化粧をすることやツイートすることなどすべての行為を通して自分というものを考え続けているのではないでしょうか
自分のことを考えるその表現という行為こそが私は人として生きることの意味だと考えます
描く上でこだわったことはレイヤーを重ねる表現に挑戦したことです
少し溶けている輪郭は自己の不確かさを表現しています
製作中とても苦しく辛かったです
その苦しみが技術的なことなのかテーマ的なことなのかはわかりませんがたくさんこれからの課題と可能性をみつけられたので
苦しめて本当に良かったと感じています
 《講師コメント》
オーディエンス賞と言うことで、ご来場下さったお客様や生徒達からの投票を多く獲得しているのですが、嫌味無い綺麗な色調や金魚の繊細で自然な描写が、鑑賞者に受け入れられやすかったのではないでしょうか。
北野さんは昨年の立美祭作品に引き続き、金魚モチーフの作品を制作しています。
作家は自分の中で特に気になるモチーフやテーマがあると、何度もそれを繰り返し描くことがあります。繰り返し描かれたモチーフも、その時々の作家の状態とリンクして日々揺らぎ、ゆっくりと(時には急に)表現が変わっていきます。
現在、大学浪人生と言う精神的にも苦しいことが多いであろうこの時期に描かれた生死、表現とは、と言うテーマと無数の金魚達。彼女が大学に入学後、または更に数十年後に同じテーマ、同じモチーフで作品を作ったら、一体どの様なものが出来上がるのかとふと思いました。

他、日本画作品を何点か紹介いたします。

GORE GRIND   大沢伸一
IMG_4770.jpg

まどろみの中で   丸山春香
IMG_4776.jpg

透過   川上詩乃
IMG_4777.jpg

自宅   平口於斗
IMG_4793.jpg


何人かはSMサイズで日本画の小品も制作しました。
IMG_4769.jpg

立美祭が無事終了し、これからいよいよ本格的な受験シーズンに向かいます。
受験勉強は決して楽なものでは無く、日々の制作に緊張や不安も膨らみがちになる生徒も多いと思いますが、大学入学後の制作や生活を見据えながら、愚直に制作していって欲しいです。
ひとまず、皆さんお疲れ様でした!

ジュニアクラス立美祭

こんにちは。
この頃の気温の変化で風邪気味なジュニアクラス講師の白石です。
最近、ジュニアの投稿を疎かにしてしまっていました。。すみません(;;)

遅くなりましたが、立美祭でのジュニアクラスの活躍をご紹介したいと思います!!
長い時間かけたおかげで一つ一つクオリティーの高い作品たちになりました〜

tj1
(上段左)5年生「木の箱」(上段真ん中)3年生「アイスの小物入れ」(上段右)
3年生「キュートな女の子のお人形」(下段)3年生「あざらしくんドキドキの1日」

ジュニアみんなの作品が内部生や来場者の方々に大人気でした(^^)
そしてなんと、今回ジュニアクラス史上初の立美祭入選者が出ました!!おめでとう!

tj2
みんな自主的に楽しく制作できていたと思います。

実は、私も立美祭でワークショップを開催していました〜。
みんなすごく楽しんでくれて中には7個も作ってくれた子がいてとっても嬉しかったです。

来週からの課題も楽しく自分たちらしいものを制作していきましょう!!
以上、ジュニア講師の白石でした〜


アトリエミロJrいつでも体験受け付けています!
ミロJrホームページ↓↓
http://www.tachibi.com/miro/junior.html#nendo

10/6 は センター願書の締め切り日ですよ!!



こんにちは彫刻科です。
タチビ祭では皆さん力作を展示することができ感動しました!!





さぁて、
タチビ祭も終わり、明日10/6はセンター願書の締め切り日、外も肌寒くなり、いよいよ受験の雰囲気が出てきましたね......ψ(`∇´)ψ

平常授業の様子です!






落ち着いて一回一回を大切にしていきましょうね!!




タチビ祭出展作品です。











































皆さんお疲れ様でした!
これから本番です!

タチビ祭も終わって....

熱い夏期講習が終わったと思ったら、
あっという間に肌寒い10月になり。
タチビ祭制作で盛り上がっていたと思ったら、
あっという間にタチビ祭も終わり.........。

少々落ち着いてしまっている基礎科です。



そんな基礎科では平常授業が再開されました。
壁にはタチビ祭で制作した生徒の作品も飾りながらささやかな授業が行われております。



今後は高校2年生の生徒さんにとっては進路関係のことが増えてきます。
各科体験や各科進路説明会など自分の将来について深く考えていく時期ですね。

他にも皆さんには全科合同夜間部コンクールなどイベントが盛りだくさんです!
皆さん隣にいる友達もライバルです!
お互い切磋琢磨してトップの座を目指して下さい!!!!

以上基礎科からでした!

アブラエ・ラウンドテーブル

10月ですね。秋です!

タチビ祭の興奮も冷め止まぬなか、新しく授業が始まります!

どうも、油絵科昼間部です!

始まって早々、最初の課題!今回の課題はちょっとだけ特殊です!


2017100519402472f.jpg




ギロンに花が咲いてますね。

今回は絵画表現をテーマに、生徒の皆が中心となって議論してもらいました。

普段制作して気になっていることや、疑問とすること、制作において大切にしていることは
もちろんあると思います。むしろなくてはいけません。

20171005194025335.jpg


自分の中に想いを秘めることも大切でしょう。しかしそれでも、度々確認しなくちゃいけません。
ときに疑問として相手にぶつけたり、主張してみたり、相手に否定されなくてはいけません。
否定されたり、肯定されたりを繰り返すことで、また考えます。そうやって考えた数が思考の深さに
繋がることがあります。ときには作品にし、ときには言葉にする。他者を介するかたちでそういう自己確認をしなくちゃいけません。

今回の授業はとても良い機会であったと思います。
議論の機会を自分から持とうと思わなければ、なかなか持てなかったりします。

話すことに慣れていない人も見受けられました。

知らず知らず話す視点が制作する視点ととてもよく似ている人もいました。


人に伝えようと言葉にする。こういう行為はとても大切です。
絵画制作だって絵を使うコミュニケーションでもあると思うからです。

絵を描いて伝えることを学んでいる以上は他者の認識を避けては通れません。
無関心ではいられません。

生徒の皆の話し合いで、次の課題も決まりました。
どんなものが出来上がるのでしょう!
楽しみです!









プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター