FC2ブログ

1/4 アトリエミロ

アトリエミロ大学生・社会人クラス

講師の横田です。
今回は質の違い、色の違いなど表現の幅がかなり広がるモチーフとなります。描き堪えのあるモチーフなので3時間で描ききるのはかなり難しいかと思いますが、それでも完成させる思いで必死になんとか形にしようと頑張ってくれました。
DSCN3095.jpg



TSさん 3時間制作
DSCN3091.jpg
ウサギの顔のすぐ上にワインの瓶が来てる面白い構図だと思います。パステルでの着彩を試みましたが鉛筆の下描きが強すぎたせいかパステルの色が濁って汚くなってしまいました。パステル画ではなく、ただの未完成の塗り絵で終わってしまったのが勿体ないです。泡立て器がボウルの手前に来てたりと、わざとなのか意図的な物なのか、説得力に欠けるところが惜しいと思います。色に対するこだわり形に対するこだわりなど、もっと画面に執着してゴリゴリ描いていってほしいと思います。

YKさん
DSCN3089.jpg
ワインの瓶の形が若干狂っていたり、ぬいぐるみの目が小さくなってしまいましたがぱっと身の全体の印象は悪くないと思います。ボウルの部分ですがガラス越しに見たぬいぐるみと泡立て器の表情の違いをもっと出してほしいですね。描く仕事は丁寧な方ですが観察する仕事をもっと丁寧に、描く仕事以上に丁寧にやってみてください。ワイン瓶の暗さやツルツルで光を反射する質感も、もっと出してあげてください。

TMさん
DSCN3088.jpg
構図が左がギリギリであったりボウルの下から伸びる布のシワが余計だったりするので、構図に対する意識やセンスを働かせてみてください。泡立て器の細い部分がただの黒い線にならずに暗いところを丁寧に追えているところには好感が持てます。あとは全体の仕事の進め方にバラツキがあるので画面全体に均等に手が入ると、たとえ未完成でもそれなりの見応えという物が出てくると思います。

SKさん
DSCN3087.jpg
ボウルのガラス越しという状況が全然伝わってきません。輪郭線も強く画面の中の空間が完全に潰れてしまいました。床に落ちてる影も怪しいですし、恐らくこのモチーフに対して何の魅力も感じなかったのではないかと思います。もっとH系の固い鉛筆を多用して鉛筆の表現の幅を増やしてあげてください。

KYさん
DSCN3093.jpg
横構図で綺麗におさめた感がありますが、ワインとぬいぐるみのどちらが主役なのかが今ひとつハッキリしないのが気になります。泡立て器の細いところが密集してるとこはよく観察して描いていると思います。ボウルの中にあるぬいぐるみの影がガラス越しなのにワインや目の暗さと同じ暗さなので、影に見えずに黒い何かに見えてしまいます。ワインのラベルのパースの狂いなど、形の狂いが多々目につきます。目に見える形だけではなく、ものの構造や置かれてる状況などを解剖的に理解することも大事になってきます。



体験者募集中!
アトリエミロ
大学生・社会人クラス
プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター