FC2ブログ

10/26 アトリエミロ

アトリエミロ大学生・社会人クラスです!

10/26(日)は通常授業はお休み、有料体験の日ということで、
壺をみんなで描きました。
PA265209.jpg
基本に立ち戻るということで、体験の際に1回は描いたことのあるモチーフです。
何枚かデッサンを重ね、2度目の壺デッサンはどんなものだったでしょうか。
PA265207.jpg
日曜日のゆったりしたアトリエミロの制作風景です。
横田先生の講評をどうぞ!(臼田)


はいはい!講師の横田です。
この日は武蔵美の芸祭の用事でミロの方に行けませんでした。代わりに指導して下さった講師の方々ありがとうございます!! 今回の講評はデッサンそのものではなく作品の写真を見て行いますので、写真うつりの関係などで100%正確な講評が出来ないことをあらかじめご了承ください。的確な指導は授業内で他の講師の方々がして下さったと思いますので、私の言うことは補足程度にとどめておいて下さい。


作者YKさん 3時間作品
PA265211.jpg
形の狂いはありますが大胆に色を置き、いかにも壷って感じが伝わってくる作品に仕上がりましたね。絵画的なことを言うと壷が置かれてる机のラインは必要ないように思われますが、机の抵抗感が現れているので壷が平らな面に置かれているという絵画空間が出来上がっています。おそらく逆光に近いところから見て描いたと思いますが、壷の注ぎ口あたりにもっと影が落ちないと「逆光」というシチュエーションは伝わりません。もう少し空間の中で光を整理すると良いでしょう。

体験者さん 3時間作品
PA265210.jpg
大まかな光の印象は捉えることが出来てますね。初めてのデッサンでここまで描けるのは素晴らしいです。壷の明るいところと背景の明るいところが同じ紙の明るさなところが気になります。もっと壷のトーンを落として背景との差をつけてあげましょう。また、この壷の素材は一体何なのか?大理石なのか、紙粘土なのか、もっと壷の素材や質がデッサンを見て伝わってくるようになると良いでしょう。

作者SKさん 3時間作品
kasesinji.jpg
いい感じに鉛筆の色が壷に乗っていますね。ただ光と影の関係がほとんど出ていません。壷の注ぎ口の形や壷全体のボリュームが一番大事なモチーフなので、表面的な色に惑わされないよう、しっかりと形や陰影を意識して描いて行きましょう。完全に平面的な絵に仕上げるのであれば構図や輪郭線など、もっと魅力的に描いてあげましょう!

午後にはリンゴも描きました!
PA265214.jpg

3時間作品
PA265213.jpg
リンゴの質感はよく出ています。表面の繊細な表情の一つ一つをしっかりと捉えたデッサンに仕上がりました。残念なのはリンゴで真っ先に目がいくリンゴのヘタとその周りの空間が鉛筆の黒で潰れてしまったところですね。リンゴが球体なのは伝わってきますが、リンゴにしては綺麗な丸すぎる印象を受けます。質に対するこだわりやモチーフの固有色に対する鉛筆の仕事など、デッサンの枚数を重ねるごとに成長してるのはよくわかります。後は物の構造や空間の把握などが意識されてくるとよいでしょう。リンゴの内部に甘い蜜や種の存在が感じられると、なお良いでしょう!



次回、11/2(日)
10:00〜13:00(午前の部3h)
14:00〜17:00(午後の部3h)
体験者の方もご参加お待ちしております!



体験者募集中!
アトリエミロ
大学生・社会人クラス
プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター