FC2ブログ

9/21 アトリエミロ

アトリエミロ大学生・社会人クラスです!

DSCN2850.jpg
本日のモチーフはこちら!

DSCN2849.jpg
ジュニアクラスも一緒のアトリエで、いつもより賑やか制作風景です。



作者YKさん 3時間制作
DSCN2846.jpg
やわらかな光の印象を表すのがとても上手で、ガラス器やティッシュボックスなどの人工物より、花やタマネギといった自然物の描写が得意なように感じました。得意なところは強みに、苦手と自覚するものは先に手をつけてみるなど、進め方次第で完成度も変わります。光の印象をもっと美しく表すには、光が差す方向をより明確にすることです。立体的に描くためには、光と影の表現は欠かせません。鉛筆の暈しで印象を捉えられてますが、形の際をしっかり描くことを心がけましょう。
(講師・臼田)

作者SKさん 6時間制作
DSCN2865.jpg
構図に問題がありますが、玉ねぎの質感と布の質感の描き分けが出来てメリハリのあるデッサンに仕上がってます。もう少し光と影に対する意識が強くなればより見ごたえも出てくるのではないでしょうか。最初玉ねぎだけに集中して描き進めていったので、他のモチーフにかける時間が無くなってしまったのが惜しかったです。画面の中のモチーフすべてに気をかけながら進めれば良いでしょう。
(講師・横田)

作者JKさん 6時間制作
DSCN2866.jpg
油絵の模写の課題です。既存の絵をただ写すだけという非常にシンプルな課題ですが、しっかり観察しそれを表現する力が無ければ模写は一番難しい課題となるでしょう。この絵はまだ模写の途中段階ですが、人物画の核となる顔を中心に描き進めていきました。顔の印象がなかなか似ないと四苦八苦して、何度も目の位置や形、大きさを修正していました。「もうこれでいいや、、」とか「もう嫌だ!」と途中で作業を投げ出さなかった姿勢は、作品が完成するまで保ち続けてほしいです。
(講師・横田)

体験者さん 3時間制作
DSCN2844.jpg
輪郭線が強い傾向にありましたが、壺の表面の細かい汚れや表情は良く観察できていると思います。壺のボリュームが出てくれば魅力あるデッサンに仕上がったのではないでしょうか? 絵画空間の中でどこからどの程度の強さの光が当たって、それによってどんな影が出来るのか、そこに意識が働けば上達も早いと思います。
(講師・横田)

体験者さん 3時間制作
DSCN2845.jpg
壷の質感はよく出てると思います。形の狂いが目立つので、モチーフの形をよく観察してみましょう。モチーフの形や特徴を素早く捉える訓練を積む必要があると思います。空いた時間に身の回りのある雑貨や自分の手のクロッキーを1枚1分で毎日何枚も描いてみると良いでしょう。
(講師・横田)



10/5(日)のアトリエミロも、すぐに更新いたします!
もう少々お待ちください。

体験者募集中!
アトリエミロ
大学生・社会人クラス
プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター