FC2ブログ

パブリックアートを見に行こう!!

 fa-re

こんにちは〜。

授業終了後、講習会生を対象に、
夏期講習特別企画
第1回「パブリックアート鑑賞ツアー」を開催しました!

パブリックアートってなんですか??
「公共芸術」です。美術館以外の公共的なスペース、都市空間に配置されたアート作品の事だよ。その場所の景観を作ったり、空間を美しく見せるために設置されます。また、街作りや地域活性化などの文化的な役割も担っている存在です。みんなの住んでる街にもひょっとしたらあるかな??


立川駅周辺には、至る所にアート作品が点在しています。沢山探してみよう!!

タチビのある、南口から北口に移動して、繁華街のペデストリアンデッキを抜けて、少しずつ見えてきました!!
DSC_5469W.jpg
DSC_5468W.jpg

「ファーレ立川エリア」
の顔とも言えるエリアに到着しました。
多摩モノレール沿いに展開する「ファーレ立川」には、図書館、ホテル、公共オフィス、デパートなどが点在するエリアです。
このエリアに36カ国、92人の国内外のアーティストによる作品が100以上存在します。

車止めとしての小さなものから、気付かないくらい大きなスケールのビルに描いたドローイングなど様々な技法、素材、コンセプトのアート作品が設置されています。

沢山あって、短時間では見きれませんが、
とにかくフォトジェニックな存在で人気のコの方。
DSC_5471W.jpg

ナイジェリア人のアクパンさんという方の作った「イビビオ族」
ナイジェリアの14人の首長の像をコンテンポラリーアートとして制作しました。
なんでもナイジェリアでは生前のカッコいい自分の姿の頭身像をお墓に置く風習があるそうで...

「生なましい。」「目力すごいっ」
との迫力ある存在感に度肝ぬかれましたね!
DSC_5470W.jpg
立川来たらここでは写真をとるべし!!

DSC_5472W.jpg
フランスの女性アーティスト ニキ・ド・サンファル作の 「会話」
箱根彫刻の森美術館や、日本の各地でも似たような作品をみたことあるかな??

カラフルな外見でとても人気のある作品です。
イスでもあるので座ってくつろげます。

奥にある巨大な赤い植木鉢がみえます。

どこか違う世界にきてしまったかのような、そんな気持ちにさせてくれるエリアでした。

DSC_5473W.jpg
「耳の椅子」という作品を鑑賞中♪藤本 由紀夫さんというサウンドアーティストによる作品です。
パイプを伝って、普段とはちょっと違う音がきこえるかな。

見て、さわるだけでなく、五感で楽しめる作品もあるんですね。

まだまだたくさん紹介したい作品はありますが
中期、後期にもおこないますので、楽しみにしていて下さい!!


by講師 Kurumi
プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター