FC2ブログ

春期講習会油絵科油絵具説明会

油絵科の細川です。

春期講習会において、4月1日の油絵課題の初日
油絵についての道具説明や使い方などを行っていますが、今回は特別ゲストに来てもらいました。

皆さんが良く使っているマツダ絵具会社の技術者に来ていただき、絵の具が出来るまでの行程や絵具に関する内容について説明していただきました。普段使っているものの、絵具自体ことはよく知らないことが多いので、絵具の元の顔料についてや溶き油のこと、そして実際に固形の樹脂を触ったり、本物の顔料の匂いを嗅いだりして、貴重な体験になったと思います。
DSCN4100_convert_20130412140915.jpg



流石に骨を焼いた顔料アイボリーブラックやイカスミを顔料にしたセピアの匂いを嗅いだときには、頭が少しくらくらする感じでしたね。

宝石であるラピスラズリはきれいでした。高級だから無くさないでと言われましたね。

マツダ絵具で作っているペインティングオイルの割合も聞けましたので、今度からは自分で出来そうです。

白色の油絵具の性質については、冷たい色に見えるでしょう?これは暖かく見えるでしょう?信じれば見えますというところではみんな大笑いしました。
DSCN4095_convert_20130412140706.jpg



実際に油絵具を作る体験をしました。
ウルトラマリンです。
中々きれいな顔料です。リンシードオイルを混ぜて実際にパレットで混ぜ合わせました。
手で捏ねるのは結構大変な作業です。明るかったウルトラマリンブルーが見る見る内に濃い色をしたウルトラマリンの絵具に変化していきました。
DSCN4107_convert_20130412141555.jpg
DSCN4105_convert_20130412141521.jpg
DSCN4118_convert_20130412141629.jpg


混ぜ終えた後、チューブに詰めていきます。絵具のチューブのおしりを手動の機械で折り曲げ完成です。
みんな、マツダスーパーの絵具を自分で作って自分の物にできたので、儲けました。
DSCN4120_convert_20130412135059.jpg

今回の説明会では、油絵の制作上でかなり有効な情報を得られました。ひと際絵具に興味を持った時間でした。

4月1日リポート油絵科講師細川

プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター