FC2ブログ

2013 日本画科合格者メッセージ

kawanaka
日本画科 昼間部 1浪
川中瑶子   
東京芸術大学 日本画専攻 合格


合格発表が終わったあと、ふとした団欒の中で先生方が私に「そういえば川中の作品、あまり残っていないよね」とおっしゃいました。確かに思い返すと、立美の日本画科で描けた作品で良い評価を頂けたものはあまり多く無かったと思います。

 現役生の頃、私は高校が遠くにあった事もあって、作品をしっかり完成させることをしない日々を送っていました。当然、作品は完成しないので自分のすべきことが不明瞭になり、次第にそれは私の中のクセとなって、周囲との進歩の差を克明にしていきました。私はそれに気付きながらも、日々上達していく周りを見ては『上手く描かなくてはいけない、周りよりも良い評価でないといけない』と変に観念的な思いを抱いていました。そのまま月日が流れて入試を迎え、結果は一次落ち。ともに受けた私立大学も思うような結果は得られませんでした。
 浪人生になってからは、周囲の浪人生の技量にとても憧れていたせいもあって、浪人出来ることへの喜びも少なからずありました。同時に、その喜びも手伝ってか、現役生の頃に引っかかっていたものがふと消えたような感触もありました。たぶん、現役という名前のブランドにかかる周囲の重圧から解かれたのも大きかったと思います。
そんな心境の私が、当時心に小さく決めたのは、「一年やりたいことや、やらなくてはいけない事をする」ということ、「評価を受け止めるが気にせず、自分がやりたいことが出来たかどうかを気にとめる」ということでした。現役生のころは、自分が好きな絵であったりやってみたいことはあったのに、何かに閉じこまって実行せずそのせいで後には後悔が残ったので、せっかく浪人するなら後悔を残したくないと思い、こう至りました。
そして藝大の試験をむかえます。

 先生方が手元に残っている絵が少ないとおっしゃられたのは、やはり一理あって、上記のように現役生のころは絵がいつも中途半端だっため、浪人中は日々の作品が一種の実験結果のようなものだったためであったからだと今感じています。
 注釈として、もちろん上記の事を完全に実行出来ていたことはありませんし、やけに落ち込む事もありました。しかし振り替えるとやはり、当時にそう思えたことがこういう結果に至れたのかなと感じています。ですが、結果論ですので断言出来ません。
 加えて、日々の指導もさることながら、体も強くなく休むことなど多々あった私を叱咤してくださった先生方、家族、友人の支えがなくては、今のような結果に導かれることはなかったと思います。本当にありがとうございました。

 これからは、周囲よりいささか経験不足なところもあると思いますので、より一層精進していきたいと思います。
プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター