FC2ブログ

コンクール

つい先日、油絵科のコンクールがありその講評会をしました。
普段聞けない他の先生の意見を聞けて新鮮な講評でした。


20181129192428715.jpg



いろいろなアプローチが一堂に会するこういった講評会は
緊張感の味わえる貴重な場です。

講評という時間は、緊張します。
描いた作品がどういう仕事のもと、どういう発想のもとにできたか。
そしてそれが今、キャンバスにどういう形で現れているのかを冷静に
捉える場でもあります。
自分では思いもよらないミスも、たりなかったこともわかるので。
発見の場でもありますね。

描く。描いた。こう描いた。だけでは足りません。

絵を鑑賞者がどう感じたのか。またはどう感じるのかを感じとることもまたより良くするには必要です。

講評会はそんな鑑賞者の感じたことを知れる場のひとつなのかもしれません。


次からは人物課題が始まります。

美大課題のなかでも出題率の高い課題です。

今回言われたことを活かして作品作りに望んでほしいですね!

油絵科でした!
プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター