FC2ブログ

観ることは解釈すること

こんにちは、油絵科です。
温かい食べ物が恋しい季節、冬がいよいよやって来ましたね。
観る力が確実についてきている今、どのように対象を捉え、表現に繋げていくのかを確認する為に、倍判デッサンを行いました。

天井に届きそうなくらいの大きなモチーフです。
いつもと違う大きな支持体と迫力あるモチーフ、これだけでテンション上がりますよね。モチーフを観た時に、苦手意識が先ではなく、描く衝動が先に湧くかどうかが制作のキモです。

こちらは仕上がった作品です。
手前の花柄の布と奥に広がるアトリエ空間の色調の美しさが際立ちます。粘り強く、繊細な仕事を重ねた結果の美しい色調だと思います。こういった仕事の積み重ねが画面に緊張感をもたらし、観る人を惹きつけますよね。
ただ、手前と奥の空間を繋ぐ格子や水玉の布の描画に冴えがないのが残念です。観ることを疎かにした途端、観念的なデッサンになってしまいます。
「観る」ことから、「解釈」をはじめ、「表現」に繋げていく。まだまだ時間はあります!観る=解釈=表現の意識を持って一枚一枚を大切にしていきましょう。
プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター