FC2ブログ

講評会の過ごし方

どうも油絵科です!

夏期講習も中盤に差し掛かかりましたね。夏期講習全行程からすると真ん中あたりになりました。朝から晩まで描くのにも慣れたのか当初の頃よりもずっと集中して描いている感じを受講しているみなさんからは受けます。

20170809081226315.jpg



自分以外の絵が立ち並ぶ講評会にもみなさん慣れてきた頃でしょうか。

描いた作品が果たしてどういう風に見えるのか、どうすればもっと良くなるのか、それを判断する機会とも言える講評会!

これは大切な時間です。作者にとっても。描いた絵にとっても。

自分の頭の中で思い描くことと実際はしばしばズレるもの。絵の中で何が起きているのかを判断するときには他者の目に晒すことも必要です。

描いたら描きっぱなしは一番良くありません。

何がうまくいって、何がうまくいかなかったのか。何を見落として何が良かったのか。それを実感する時間が講評会かもしれませんね。

講評会には自分以外の多くの作品を見ることができます!

同じ課題、同じ持ち時間、同じ支持体で描く訳ですから、自分以外のいろいろな反応が見れます!良い作品もそうでない作品も参考になりうるものです。寝ちゃったり、らくがきしたりして時間を潰すのはもったいないことですね!

ちょっとずつ、人からどう見られるのか。自分から他人の絵はどう見えるのかを気にしていけるようになれるともっと、色んなことを知りたくなるはずです。

まだ夏も始まったばかり!これからの一年間のなかで、絵を観察する行為を大切にできるようになると良いのですが!
面白いという感情は共有される普遍の感情です。独創的でオリジナルなその人にしかわからない感情ではありません。
他の人のものを観て得られるものは必ずあるはずです!貪欲に取り入れて行きましょう!

油絵科でした!
プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター