FC2ブログ

立美祭・日本画科



こんにちは。

日本画科講師の吉田です。9月24日・25日と立美祭が開催されました。

ご来場下さった皆様に、心よりお礼を申し上げます。
そして夏期講習明けから作品制作に取り組んだ生徒の皆さん、お疲れ様でした!


さて今日は、日本画科の展示風景と受賞作品のご紹介です。

日本画科ではそれぞれの生徒が、自由制作か着彩&デッサン大作のどちらかを選択します。

fc2blog_2016100311420524d.jpg


fc2blog_20161003114234117.jpg


fc2blog_20161003114311d12.jpg


着彩&デッサン大作。普段より画面が大きく、情報量も多いモチーフをじっくり時間をかけて描きます。


fc2blog_2016100311455483e.jpg

自由制作。日本画画材を使って描いたり、水彩絵の具を使って描いたり。

制作期間中のアトリエは、展示をして人に見せると言う目的があるので、普段の制作とは異なった緊張感を感じました。


そして投票・受賞式…

日本画科からは、昼間部の玉川恵梨さんの作品『個』が、オーディエンス賞&準立美大賞のW受賞!!!

fc2blog_2016100311470464d.jpg

fc2blog_201610031147474c3.jpg

fc2blog_20161003114811df7.jpg





☆☆☆おめでとうございます☆☆☆

玉川さんの作品は、板を切り抜いて描画したものを、黒布を張ったパネルに、飛び出すような状態で貼りつけてあります。

fc2blog_20161003114936881.jpg

fc2blog_20161003114948883.jpg

fc2blog_201610031150053d4.jpg

鶏・蛸・フェネックの三点組み。

目を凝らすと、動物達の内臓・骨が透けて見え、フェネックと蛸の眼球には箔があしらわれています。

受賞式の玉川さんのコメントにあった、鶏を掴んだ手から感じた生の感触、絵をただ絵として描くのでは無く『生き物そのもの』として存在させたかったこと…。

繊細な色づかいと確かな描写力で、とても綺麗で美意識の高さを感じる作品ですが、コメントを聞き、彼女なりに生々しい感覚や存在感を出す為に格闘していたのだな…と思わされました。


立美祭が終わり、いよいよ受験モードが高まる時期に突入します。

絵を描く楽しさや、理想の画面を追求する為の粘りをこれからも忘れずに制作して欲しいと思います。



プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター