FC2ブログ

ものわたしモチーフでモチーフをつくろう

油絵科夜間部です!本日はこちらの課題に取り組みました!

unnamed_20160713075303202.jpg
↑レモン×1 石×2 ダンボール紙×1 紙×1 針金×1 モチーフ台の板×1

今回はこちらのモチーフ群を描きます。


手渡されたモチーフをどう扱うのか。

加工するのか?

どう設置するのか?

どう構成するのか?

油絵科ではよく出る課題のパターンのひとつといえます。


今回は手渡された素材をただかくのではありません。さらに組み合わせて『ひとつのモチーフ』をつくってもらいました!

夜間部の皆さん、積極的に加工をしていました!

バリバリ段ボールを痛め付ける音がしたり…

unnamed-3.jpg
↑よく見るとわかるが石を粉々に砕いている。加工はスキにしてよいとはいったが、オモイキリのよさにびっくり。石の断面の表情はきれいだった。割ってみないとこれはわからない。

レモンを刻んだり潰したり…

unnamed-4_201607130751536e7.jpg
↑ドリルのように突き進む石をイメージして作成したモチーフ。ストーリー性も絵づくりには大切だ。豪快にブチマケタ檸檬がすがすがしい。教室に檸檬のにおいがただよっている。


ちょっと教室がにぎやかです。



しかし、何はともあれモチーフに対して積極的なのは良いことです!


質感を表現するためには、視覚
だけでなく触覚も大切なのです!


どんな材質なのか、肌触りで知っていると不思議と画面の乗りも違います。

ざらざらなつもりで描くのとプニプニなつもりで描くのでは手の動きが違います。
思いこみ、既成概念だけではリアリティは生まれないのです!

観察というのは視覚だけでなくいろんな感覚をつかってはじめて対象を深く観るということなのかもしれませんね!
ちょっとこれは奥が深い世界ですね。

unnamed-1_20160713075152300.jpg


モチーフが完成しました!


あとは画面に起こすだけ!


どんなものが仕上がるのか、たのしみにしつつ本日はこのあたりで。


油絵科夜間部でした!
プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター