FC2ブログ

「六本木クロッシング2016展:僕の身体(からだ)、あなたの声」opening

森美術館 開館時間10:00-22:00(火曜は17:00まで)Mori Art Museum“Roppongi Crossing 2016: My Body, Your Voice” Who am “I”? How is my body connected to history and to other people?

「六本木クロッシング2016展:僕の身体(からだ)、あなたの声」オープニング。ウー・ダークン(台北国際芸術村ディレクター)さんが、毛利悠子、西原尚、さわひらきアーティスト各氏間の即興ダイアローグ形成を促していて毛利さんが大喜利みたいと笑ってキム・ソンジョン(アートソンジェセンターディレクター、Samusoディレクター)さんもめったにない機会と喜んでいたがとてもよかった。
ジャック・ラカンはセミネール=ゼミ討議形式で、つまり自室で思考を書き出すよりも、外で他者に語る、語られることで、思考を深化させていった。セミネールを使って、いわばWho am “I”? の問いに現れる「無意識」を他者と共有することをしていたラカンは、自我を自我の外に見出す。そのとき、「無意識」は自分の言語活動の中だけにないもので、他者の語らいとともにもある。だから、ラカンにおいて、自己に近づくには自己と他者のあいだをたどり、他者の言語活動に表出された意味を反復して、言い換え、編集することをやる。Who am “I”? コカ・コーラじゃないよ?!? “I”need Your Voice ― Kosuke Tsumori(写真は発生するダイアローグのイメージをギャラリータチビより)

45224489171560__526x296-RGB_565-1524268925.jpg
プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター