FC2ブログ

合格メッセージ☆松川美羽☆

デザイン科より合格者の声が届いております〜!合格おめでとうございます!
松川_加工

松川美羽

武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科 現役合格
多摩美術大学 グラフィックデザイン学科 現役合格



「楽」ではないけど、「楽しい」

私にとってタチビでの生活は、決して「楽」なものではありませんでした。
私は高校2年生の春、基礎科からタチビに通い始めました。
高校3年生になってデザイン科に入ると、特に忙しくなりました。
15時まで高校の授業。少し自習をして、17時から20時までタチビ。直前期は、家からタチビに通うというより、タチビから家に通っていると思うほどでした。

根性も体力もなかった私は、それでも、「楽」じゃないけど「楽しい」タチビに通い続けることができました。
それは、同様に、あるいは私以上に頑張っていた、尊敬できる友人たちの存在があったからだと思います。そして、受験期でも、変にぴりぴりするといったことはなく、いい作品を作ったら誉めあえる、アットホームな雰囲気が、タチビのみんなにはありました。

直前期は、作品が作れなくなってしまう時が、何度もありました。それでも、タチビには通い続けました。何がわからないのか、何ができないのか、何が悪いのかがわからない。自分の絵の欠点ばかり探して、ますます描けなくなっていきました。
しかし、そんなとき、タチビの先生方は、なぜか気づいて、声をかけてくださいました。何を相談すればいいかわからないときは、一緒になって自分の課題を引き出してくれました。
「伝えればいい。」その言葉を頂いたとき、私は、伝えたいこともなくただ絵を描いていた自分と、相手からの歩み寄りに甘えてしまっていた自分の両方に気がつきました。
デッサンでは「描き方」に気を取られて、結局どんな絵にしたいのか、何を伝えたいのかを見失っていました。
構成課題では「いいアイデア」を出すことにいっぱいいっぱいになって、そのアイデアを伝えることを疎かにしていました。

大切なのは、伝えること。それに改めて気づけたのは、私にとって大きな進歩だったと思います。
そして、もうひとつ、うまく行かないときは、先生から声をかけてくださるのを待つのではなく、自分から相談しにいこう、と決めました。
ほんとうに当たり前みたいなことですが、その勇気がだせるようになって、デッサンも平面もよくなったと思っています。
この一年間は、自分なりに「伝えること」と向き合った1年間になりました。うまくいかないことばかりで苦しいときもありました。
それでも、「楽」ではないけれど、「楽しい」。「楽」ではないからこそ、「楽しい」。
タチビという環境だったからこそ、私はそんな風に思えました。
プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター