FC2ブログ

3/15 アトリエミロ

ミロ講師の臼田です。

3/15(日)のアトリエミロの模様をお届けします♪

今回は、「自画像」の課題でした。3時間みっちり鏡の中の自分と向き合い、描いてもらいました。

DSCN6023.jpg
みなさん、思い思いの力作が誕生し、まずは講評会の様子から。

DSCN6025.jpg
横田先生と矢島先生は、それぞれファインとデザインの目線で、作品について熱弁し、たまに口論が始まったりもします。それを端から見ると、嘘偽りのない正直者同士のぶつかり合いの美しさたるやと、ありがたい気持ちになったりします(笑)

DSCN6026.jpg
先生はもちろんですが、生徒さんも、作品に対して真摯な気持ちで向き合ってくれるのがとても嬉しいです。
同じ対象(絵を描くことなど)について、みんな同じように良いと思えることは素晴らしいことなんだと、改めて思わせてくれる、アトリエミロに感謝です!
私がミロ講師になってもう1年経つので、少し感慨深いことを言ってみたくなりました。

ではさっそく一点ずつの講評です。



DSCN3175.jpg
革ジャンに髪の毛と、黒の面積が多いことに、パーカの印象的な模様の描写が加わり、バチッと目に飛び込んで来る、パンチの効いた作品に仕上がりました。鼻や口元、顎、眉に目、革ジャンのジッパーにパーカの模様など、ひとつひとつに目を配るとしっかりと描写できていて良いのですが、それらの関係がバラバラになってしまっていて惜しいですね。画用紙の中には、無限の「空間」が広がっています。空間を表現するためには、その中の対象物である自分が、立体的であることが大事です。顔で見たら鼻が一番手前にあること、パーカと革ジャンはどちらが手前にあるか、髪の毛以前の頭部の立体感などなど、カタチに対する意識を強めると、画面の空間が感じとれる良い作品になります。

DSCN3173.jpg
作者本人の印象に近い自画像が出来上がったのではと、個人的に思いました。カタチを捉えようと、ガシガシ積極的に手を動かしているのも好印象です。手を動かしつつ、画面から思いっきり離れてみて、一度立ち止まり客観的に作品を眺める回数も増やしてあげましょう。「足りない部分かどこか」「もっと上手く描くにはなにを描けばいいか、なにを調整すればよいか」など、自分の作品には、常に疑問をもって向き合い、より良くなるための観察を重ねてみましょう。そうすることで、部分的な視野から全体的な視野をもって、バランスよく描くことが出来ます。
それと、背景に軽くグラデーションがかかっていますが、その処理が上手くいってないので、少し提案です。
名称未設定 1名称未w設定 1
左のグラデーションと、右のグレーの単色を、鉛筆でそっくりそのまま画用紙に模写してみる練習です。上の画像はデジタル編集なのできれいですが、これを鉛筆でそっくり再現するのはとても大変です。手の力加減で、筆跡が残ったりするのを抑えて、どうにかこうにかマットに仕上げてみる作業も面白いと思うので、気が向いたら是非やってみてください♪

DSCN3172.jpg
これぞ!という自画像を仕上げてくれました。枚数を重ねるごとにどんどん精度が増しております。画面の隅々まで丁寧に気を配って描いているんだなと、とても好印象です。講評会のことを何度も繰り返しますが、ご本人に決して似てる自画像ではないのですが、見る人を惹き付ける魅力ある作品です。3時間制作ですが、もっともっとネチネチと描き続けるほどに、神々しい作品へと変貌しそうな何かを感じます。デッサン云々を抜きにして言えば、見てる人に隙を見せないところまで精度を上げて描くということを意識してみてください。余白に鉛筆の汚れがある、輪郭から鉛筆の線が何本かはみ出ている、など、見てる人のツッコミどころをなくすまでに、絶対に自分が納得いくまで描ききる!ということに情熱を燃やすと、もっと絵が楽しくなると思います。でももしかしたら、描いてる本人が、私が指摘した自分の絵の弱点に一番よく気付いているものかもしれないですね。そうだとしたら、「自分に対して嘘偽りのない正直な絵を描く」気持ちで、描くことをおすすめします。



3/22(日)の記事もすぐにアップいたしますので、しばしお待ちを。

では、講師うすだでした!
プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター