FC2ブログ

夏期講習会 手と衣類の構成デッサン

こんにちは デザイン・工芸科です。

夏期講習会の4回目の各コース共通課題は手の構成デッサンでした。
デザイン工芸科では今までに、イメージ平面構成、静物デッサン、モチーフを使った平面構成の3課題を全体でやってきました。
今回の手の構成デッサンをもって共通課題はひとまずお休みとなり、次に全員が講評で顔を合わせるのは後期のコンクールになります。

デザイン科では、手の構成デッサンが実際の入試に出ることがとても多いので、生徒たちの作品からもいつも以上に力が入っているのがよくわかりました。
タチビでは、今はまだ傾向と対策に向かうのではなくて、丁寧に物を見る目と、表現する力を養っている最中なので、じっくりと取り組んで欲しいです。

今回の課題は、手と衣類の構成です。
衣類というところがポイントですね。布でもなく、紐でもなく・・・衣類という言葉の中に様々な内容があります。
袖を通す、たたむ、干す、取り出す、片づけるなどのいろんな仕草や、
襟や袖、ファスナーやボタン、紐、タグなどをどう扱うか、また生地の質感の違いなど、
物事にどれだけ関心を持っているかがよく伝わる課題です。


IMG_0031.jpg


IMG_0032.jpg


衣類の種類の違いや、何かをしている内容のよくわかる作品がたくさん出てよかったですが、
布の柔らかい表情や、選んだ物の扱い方の面白さなどに臨場感が出るように、感じ方にも表現力にももっと優しさが欲しいと思いました。

写真にはありませんが、DB、DCコースの講習会生の作品がとても魅力的でした。
エプロンをかけようとする仕草や、水着を肩にかけるポーズなど、とてもいい瞬間を捉えていました。
生地の裏表の質感の違いや、ファスナーの周辺の表情までしっかり描き切っている作品はDAコースよりもありました。

また、着ぐるみを脱いだり、新撰組の出陣など、とても楽しい作品も出ましたが、まだ表現力が追いつかなくて・・・現状では見栄えのいい作品に負けてしまっていたのが残念です。
講評での評価は厳しくても、これに懲りずに楽しい作品を作り続けて欲しいです。


T


IMG_0033.jpg

プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター