FC2ブログ

9/14 アトリエミロ

アトリエミロ大学生・社会人クラスです!

デッサンモチーフはカボチャです。
DSCN2762.jpg
この他にも色んな形のカボチャがありました。通称「お化けカボチャ」と呼ばれるもの達です。

作者Y.Kさん 3時間作品
DSCN2742_2.jpg
カボチャの形、表面の質感などとても良い感じに表現できていると思います。しっかりとカボチャの形を追おうとする意気込みが感じられます。カボチャの固有色やヘタと実の質感の違いが描き分けられたらもっとよくなったでしょう。前回の壷のデッサンからかなりの成長が見られ、今後さらに上手くなっていくと思います。


作者S.Kさん 3時間作品(午前)
DSCN2741.jpg
作者S.Kさん 3時間作品(午後)
DSCN2758.jpg
デッサンは全くの初心者の方です。午前、午後と二回続けて同じカボチャのデッサンをしました。午前の方ではカボチャを輪郭で捉えがちで立体感に乏しいですが、午後にはカボチャを陰影で追っていこうという意識が生まれています。形にまだ甘い部分がありますが、カボチャの無骨な感じを出そうとしているところに好感が持てます。

作者S.Tさん 3時間作品
DSCN2740.jpg
これもお化けカボチャの一種です。ツルツルな表面にインクのシミみたいな模様がある特徴的なお化けカボチャです。おそらくモチーフの中では最も難易度の高いものを選んでしまったのではないでしょうか?このモチーフを描く上で一番難しいのは表面の模様を描きながらそのカボチャの立体感を失わないところにあります。また表面の形がツルツルなのかデコボコしているのか、模様に気を取られないでもう少しモチーフの全体の形を意識してみるとよいでしょう。

作者M.Hさん 3時間作品
DSCN2739_2.jpg
普段のイラストレーターの仕事の経験を活かし、制作しました。少年が森の奥深くに入っていきラストシーンを迎えるという設定です。たしか、、。 あくまでも今回はイラストを制作すというコンセプトで制作をしてもらいました。イラストは絵画と違いその情景を単純に説明するものなので、ぼかしによる遠近法などはあえて使わない方がいいかもしれません。この方の場合、鉛筆にこだわらずペン画のような線のみで作品を構築する方がよくなるかもしれません。

水彩のモチーフです。
DSCN2761.jpg

作者M.Gさん 3時間作品
DSCN2759_2.jpg
花をメインに持ってきました。鉛筆で構図や形を捉えるのに時間がかかってしまったので、水彩の仕事がまだ足りない感じに終わってしまいました。卓上のモチーフを自分の画面の中で自由に配置するのはよいですが、レンガと大根の関係やそれぞれの位置関係などもう少し明確に示した方がよいでしょう。

作者J.Kさん 6時間作品
DSCN2760.jpg
先ずは好きなものから描くとよいと思いペットの写真から油絵を制作させてみました。さすがにペットの顔には注意深く心を込めて制作してくれました。絵画制作に最も大事なのは、やはり描くべき対象への愛情です。もう少し絵の具を厚く塗る部分もあってよいかもしてません。絵の具や筆跡で出来る表情の幅が大きくなればもっと絵として魅力的になると思います。



次回、9/21(日)
10:00〜13:00(午前の部3h)
14:00〜17:00(午後の部3h)
体験者の方もご参加お待ちしております!


体験者募集中!
アトリエミロ
大学生・社会人クラス
プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター