1/26アトリエミロ デッサンコース「面を知る」

こんにちは、

アトリエミロ デッサンコース講師KURUMIです。

先日は「面を知る」

というテーマでデッサンを行いました。




「面」
よくデッサンの勉強で聞かされるこの言葉。
側面、正面とかの面の話です。


今回は、じっさいに彫塑体験をしながら立体の捉え方についての説明をしました。

ザクロです。(講師作)
DSCN1389_convert_20140127152432.jpg

形をとらえるためには、光、影の情報も大切です。
色、模様、質感も大事です。
ただ、それだけではのっぺりとした平面的な表現になりがちです。

目には見えないけれど、形の表面に吸い付いて、角度が変わっていくもの。
それが面の正体です。触ってみて、じっさいに模刻してみて、形の変化を探します。
光の変化は面の変化があるから色が違うのです。

DSCN1386_convert_20140127152108.jpg
DSCN1387_convert_20140127152151.jpg

DSCN1388_convert_20140127152351.jpg
叩いて面を出しています。

粘土の塊が、光の当たり方がモチーフに似てきました。


生徒さんには、実際にデッサンをしてもらいながら、立体をつくり、更に見方を学習したところでデッサンに手を加えました。

DSCN1392_convert_20140127152451.jpg
DSCN1393_convert_20140127152509.jpg
生徒作品1

DSCN1394_convert_20140127152529.jpg
DSCN1395_convert_20140127152559.jpg
生徒作品2


最初のデッサン時に比べて、形態の捉え方が強いデッサンになりました。模様やシミといった果実特有の特徴に惑わされることなく、もう一度形を確かめて描くことで、空気感も感じる空間にポンと置かれたような存在感があります。




アトリエミロデッサンコース

次週2/2も開講予定です!
次週は「光と影」について学習しましょう!



プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター