FC2ブログ

彫刻科 ブルータス模刻〜構成

こんにちは、彫刻科です。

前半期は水粘土を用いて、長時間じっくりと造形する課題を多く行っています。

時間の多くとれるこの時期に、
具象表現の観察力、空間や床も一緒に感じる構成力をしっかり養いましょう!!



水粘土・・・。
彫刻科では信楽焼にも用いられる土の粘土を使って課題を行います。
水加減によってグニャグニャ、ドロドロにしたり、乾燥すればへらも刺さらない程硬くなります。
そのような柔軟性ある素材をつかって、石膏像の硬質感から、人物の人肌の柔らかさ、動物のフワフワとした毛並み、人工物のツルツルとした素材まで再現していきます。

形の持つ立体的な動きや構成を見ることはもちろん、そのような質感表現を追求する事は作品の魅力を引き立てます。

今日は今年度昼間部生の作品の紹介をします。

DSCN9878_convert_20130624151750.jpg
DSCN9881_convert_20130624151659.jpg
ブルータス全身 模刻


DSCN9894_convert_20130624151833.jpg
DSCN9897_convert_20130624151932.jpg
構成「牛骨と綱」

角度を変えてみたときの、意外な驚きのある構成です。360度の目線から見える事を強く意識しています。
プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター