FC2ブログ

時間をテーマに

どんどん暑くなってきていますね。
どうも講師Gです。

一昨日になりますが、二日間で紙の立体構成をしました。テーマは「時間」あまり哲学的に考え始まると深みにはまってしまいそうなテーマなので、悩み始めたらまずは手を動かしてみましょう。

時間っていうのはありきたりなテーマの様ですが、立体で表すとなるとちょっと難しく感じるかもしれません。簡単に言ってしまえば変化が起きている様子を作れば時間になりますね。例えば植物が成長している過程とか。でも、それをただ並列すればカッコイイ立体構成になるかと言うとそうでもない。ここでアイデアをだしていくのが立体構成のデザインのひとつだと思います。

全体的には延々と続く階段のような時間のイメージの立体から風化していく変化など、バリエーションはまぁまぁ出たかと思いますが、精度がまだまだですね。目につきやすいところに貼り合わせがきたり、少しずらせば隠せるのに・・・と思うような仕事が沢山ありました。どこに気をかければ自分の立体の精度が上がって見えるのか常に考えて丁寧な仕事をしましょう。

t130636_1.jpg
こちらは「1秒が降り積もって1日が形成されるイメージ」だそうです。抽象的ではありますが、チリも積もれば・・・というイメージを感じさせる立体にはなったと思います。この立体は精度がいまひとつですね。それと1秒の表現にもう一工夫!

t130636_2.jpg
これは中身がどんどん減って形が変わる容器を並列した構成。簡単に見えそうですが、容器のデザインに工夫がしてあります。立ち上がりに微妙な隙間がある。これがあるので容器が落とす影が綺麗ですね。全部中身が減っているので減っていないものがあっても良かったかも?

t130636_3.jpg
上手く説明できるか不安ですが、三角形の板を引っこ抜くと円柱が穴に落ちていくという玩具の立体構成。発想はとてもユニークです。落ちているものと、まだ落ちていないもので時間を感じさせるのが狙いでしょうか。覗くとしっかりと穴の中に落ちている円柱が見えるのですが、ちょっと箱型すぎるので、箱の周囲にスリット等をいれて落ちているのが分かるようにしても良かったかもしれませんね。あとは板の厚さ等でしょうか。


他にもなかなかユニークなものが出そろいました。このアイデアの出し方をデッサンや色彩構成にも反映させてみると面白いものができるかも。頑張りましょう。



話しは変わりますが、今年のタチビ祭の日程が決定した様ですね!
詳しくはこちらへ!→http://www.tachibi.com/tachibisai/news.html



プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター