これからが楽しくなります

新年あけまして、と言ってもう中旬ですが、おめでとうございます。
どうも講師Gです。なかなか更新ができず、すいません。

さて、一月も中旬です。週末にはセンター試験で、いよいよ受験シーズン到来といったところですが受験生のみなさんはいかがお過ごしですか。先日は雪も降ってすっごく冷え込みましたが体調管理は万全でしょうか。しっかりと自分の体調をコントロールして風邪をひかないようにして下さいね。

t130118_1.jpg

さて、これから受験当日までのことについて少しふれつつ、最近の授業課題について書きます。

まず、よくこの時期になると「焦らないで」というようなことを言われますが、焦っているひとほど自分が焦っていることに気がついていません(笑)ので、この言葉は一番届いて欲しい人にはあまり効果がないですね(汗)では、どうするか。まずはこれまでと同じ過ごし方をしましょう。入試当日は運動と同じで結局今までに反復してきた、体に染み付いたものが出ます。なので、いきなりあれもやる、これもやる、と手を出すとパンクしてしまう恐れがあります。まぁこれは人によるのでその方法が合う人もいます。ようはこれまでの自分のパターンをよく分析して自分に合う方法をとって欲しいのです。が、まずはこれまでと同じを心がけると少しは落ち着けるかと思います。特にセンター前になるといきなり予備校を休んで学科をやり始めたりする人がいますが、一週間やったところで劇的に変化するとはあまり思えません。まぁ気持ち的に楽になるかもしれませんが・・・。

でも、この時期の実技においては一週間で劇的に変化します。

つまり、まずはちゃんと予備校へ来て、実技をやり、夜に学科をやって寝る。人によってスケジュールは異なるかと思いますが、まずはこのようなベースをしっかりと守っていくことだと思います。

その上で、いま書きましたが実技の伸びです。講師としてこの時期の生徒は見ていてとても面白いです。なぜなら伸びが目に見えて分かるからです。

t130118_2.jpg

上は多摩美のグラフィックの参考作品ですが、課題を行うまえに課題の導入や対策の話しなどを作品を見せつつ話します。詳細全ては書けませんが、この人たちに共通しているのはある種の割り切りだと思います。自分は何ができるのか。逆に何しかできないのか、でもいいです。とにかく自分ができることをしっかりとやりきり続けること。これがこの時期の伸びに影響してくると思います。

アレができなくて不安。ではなく、アレはできないがコレはできる。に考えをシフトしましょう。できないことはやらなくていいのです。こう書くと出来ること無いなんて言い出す子もいますが、そういう子はとにかく光を綺麗に描く!だけでもいいのです。ようは自分でひとつコレでいこうという方法論を作ること。これが大事なんだと思います。面白いことに合格した子は驚く程に極端な意見を持っている子がいたりします。「逆光にしておけばいいんだよ」とか「この3色使っておけばかっこよくなるし」とか、普段の授業だったらオイオイと言いたくなるようなもっと極端な意見も聞いたことがあります。でもこれはその心境まで本人が到達したってことですね。これさえやっておけば自分はイケる。みたいな感じです。

今日の課題も手のデッサンでしたが、結果はまだまだ思い切りが足りませんね。もっともっと自分の出来ることに自信をもってやりきった画面作りをやっていって欲しいです。そうすれば、本当に一週間で劇的に変化します。まだまだ時間はありますので、頑張ろうー!



プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター