帰り道

暑かったりかと思えば曇天に、雨も降りますしこの時期はなんとも日本らしい季節です。ぬったりとした暑さにも負けず今日も今日とてかきます‼️

今回のお題は帰り道です。

普段どんなものをみていますか?

実は、というか絵を描くのにそんなにおもしろくてたまらないという素材がないと描けないということはありません。むしろそんな変哲もない日常のなかで描く素材を見つけられる眼力こそアーチストには必要な能力なのかもしれません!

無彩色を着彩

しろくろモチーフの彩色課題、つまり油絵で描く課題の講評をおこないました。

白と黒のような無彩色なものを描くとき果たしてどんな色を使えばよいのでしょう?

どんな色を使えばよいのか、そんな当たり前のような疑問から絵作りははじまっています。
どんな色を使っても間違いではないと同時に、正しくもありません。
絵としてしっくり来ていれば真っ青な画面でも、真っ赤な画面でも構わないのかもしれません。
たくさんの絵を見て、いろんな風景をみて、自分の好きな色合いを探すことも必要になってきます。

今回の課題は描くことを通して、いつもある当たり前に対して考えなくてはいけない課題でした。
こういうことを通して、徐々にでも色に興味をもってくれたらよいとおもいます。

しろくろ

油絵科夜間部です!
今回は演習課題は夜間部では恒例の課題です!

白いモチーフ!

20180602174217a6d.jpg

そして


黒いモチーフ!


20180602174219daf.jpg


この二つをデッサンしてゆくという課題です。
白のなかにも暗さがあります。黒とまではいかないまでも、様々な暗さが
モチーフに存在しています。黒いモチーフも同様、様々な明るさがあります。この課題はそんな色を探す課題とも言えなくもないですね

絵を描きはじめると、自然とわいてくる疑問です。
そもそも絵を描くときどうやって色を決めればよいのでしょう?
モチーフそれぞれの固有色を塗ればよいのでしょうか?
白く描けばいいのでしょうか。黒く描けばいいのでしょうか。

今回の課題は描きながらそんなことを考えることができてくれたらなと
思います!

油絵科でした!

油絵絵の具

なんにでも道具の扱い方があります。
使ってみてはじめてわかるものがあります。
色においても一緒です。
案外使ってみると自分の好みがわかったりします。

絵を描く道具はたくさんあります。
手のひらで描くことすら間違いではありません。
やすい道具もたかい道具も使いこなせるなら関係はありません。

夜間部のみなさんには色の扱い方について解説しました!
皆さんとても興味深く聞いてくださいました。
聞いてみるとなかなかおもしろいものです。
描く道具について興味を持つことは、絵を描く先、画面の先の自由の幅を出すことと同じです。

もっともっと知りましょう!

困った時がチャンスです

こんにちは、油絵科昼間部です。

新学期最初のモチーフはアトリエ空間を大きく使い、
「人口と都市」をテーマとしたイメージ課題からスタートしました。
イメージ課題に対して苦手意識を持っている生徒さんも多いようですが、
実はイメージ課題こそ、自分の表現世界を丸ごと画面に落とし込めるラッキー課題だと私は思っています。


IMG_4228 (5)



「嫌だなぁ、こんなモチーフ描きたくないなぁ、苦手だなぁ」という気持ちは、
対象の観察をおろそかにし、新たな発見・感動の足止めになってしまいます。
さらに、苦手を苦手なままで終わらせてしまうと、自分の表現の幅を狭めてしまうことにも繋がります。
「苦手だなぁ、困った…」で終わらせるのではなく、
「よしチャレンジしてみよう」
と思うようになれた先に、表現の可能性が潜んでいるのではないでしょうか。
全ての物事に美が潜んでいる可能性があることも忘れないで下さいね。

困った時がチャンスです、をモットーに一年間歩んでいきましょう。
プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター