人物課題


人物講座はじまりました!


20170623195957e84.jpg




人物課題は頻出課題です!
人物はどこにでもある、またはどこででもかけるモチーフです!かけて損はないでしょう!

受験に限らず描くこと何かと多いです。それぐらいポピュラーなモチーフです。

人物は構造としては少し複雑です。
うまくなるには何度も描いて覚えるしかありません。

スマートさはこれっぽちもありませんがこれしかありません。

色んな見え方、把握のコツはというのはもちろんありますが、結局は構造として理解するという点では同じこと。形をしっかり把握することが描く上では一番のコツかもしれませんね。

始まったばかりの人体課題!
描くからには、好きになりましょう!

描きまくるとわかる

どうも梅雨入りですね。

うっかりしてると寒いのが嫌な季節。
曇りがちな最近いかがお過ごしですか?
暑い日よりかは過ごしやすいかもしれませんね?

20170610173235b99.jpg


油絵科昼間部はつい先日まで100枚ドローイングに取り組んでおりました。描いて描いて描きまくる。画材、支持体は問わないという課題。モチロン100枚以上描いてもオーケー。

描いて描いて描きまくる、と言いましても。
実際にやってみるととっても大変です。
結構、飽きちゃうのです。それを言ってはおしまいなんですが。漫然となんとなく描いているだけだとなかなか後が続きません。
だからこそ目的意識は大切ですね。
目的意識を持つ。画材の理解を深める。いろいろな支持体を試してみる。たくさん描くと自分の目が何を捉えているかを考えるきっかけになります。

20170610173236602.jpg



面白いものでこうして各々のドローイングを見ると個人個人の興味が見えてきます。形、フォルムに興味がある人、色合いに興味がある人。
ドローイングを見ることでその人の思考が見えてきます。ドローイングは絵で考える作業なのかもしれません。

20170610173237182.jpg


モチーフを用意される予備校ではうっかり忘れてしまうかもしれませんが、本来モチーフは自分で用意するものです。そのモチーフ撰びから作品づくりは始まっています。ドローイングではその大切な部分触れる良い機会です。
今回の課題を通してドローイングの大切さに触れることができれば良いのですが!

そうでなくても、絵を描くことはいいものです。今回の課題、皆さん楽しく描けたらしくそこが一番の収穫でした!

20170610173238ae2.jpg

エンジョイ!ドローイング!

白い画面

続、白モチーフデッサンです。この裏では黒いモチーフのデッサンがあるのですが…
今回は白いモチーフに注目して見ましょう!

白いモチーフはもしかすれば人によれば描き慣れた素材かもしれませんね。
石膏はデッサンにおいてはチラホラよく見るモチーフです!

しかし今回の白モチーフ、用意したのはカチコチ石膏だけではありません。

20170602180633c83.jpg


一言で白と言ってもその実。
どれもが違う白と言えます。

触ってみればその手触りから材質の違いがわかるでしょう。硬い白、柔らかい白。黄ばんだ白。綺麗な白。きたない白。しかしどう綺麗なのか。汚れているのか。それを観察しなくてはいけません。
描くことによって説明しなくてはいけません。

ただただ漫然と流すように見ただけでは白の差異をかき分けることはできません。

本課題で身につけた描きわけるために掛けた時間やなかなかモノにならないでヤキモキする気持ちはこれから描くことになる作品をつくる過程で、必ずと言っていいほどにでてくる問題です。
どれだけ見つけることができるでしょうか?



しろくろ

夜間部、新しい課題が始まりました。
タチビ油絵科夜間部ではもはやお馴染みかもしれません!白モチーフ、黒モチーフの静物作品です!

それがこちらです!

じゃじゃん!

20170523160913da9.jpg


201705231608588bd.jpg



白と黒のモチーフと一言に言っても様々あります。

ツルツルしていたり、マットであったり、ザラザラっとしていたり。本当に様々な色があります。

木炭はとても色幅のでる画材です。
グレートーンの幅の多さは驚くほどです!
この課題を通して画材に対してより理解を深めてくれるといいのですが!




静物課題!

どうも夜間部油絵科です。

自己紹介も済み、チラホラ教室にも慣れてきた頃合いでしょうか。仲良くなって話すようになって友達もできてくる時期ですね。

さてさて!いよいよ新しい課題に入りました。

静物課題です!
これから取り組む事も多くなってゆく課題の1つであります。いろいろな質感を持つモチーフや空間を描くこの課題は基礎的な力を磨く格好の課題です。

201705161112212f5.jpg



こちらが今回の静物です。
描きごたえのある馬頭と牛骨に目を奪われがちになります!モチーフを描くとき大切な事の1つ空間の把握でしょう!
どれぐらいの広さのモチーフなのか。モチーフとモチーフの空間はどの程度の広がりなのか。
それを知ることは描く上でも大切です。知ったように思えていても描き慣れていないうちは思い込みで描いています。質感や実際のモチーフのスケール感など見てるようで実のところあまり見えていない情報は結構多いのです。トンチではないですよ?

観察は結構疲れます。
普段私たちが触れている情報量はそれこそ洪水のようにあふれています。だから脳は情報量をある程度カットすることで疲れないようセーブしているとも言えます。


このように静物を描くことは観察することを身につける特訓です。基礎的ですが。描くことにおいてはいろいろなことへ通じる肝心なことですね。今回は皆さんどのような作品を描くのでしょう!観察の冴えに期待です!

20170516111158cec.jpg


プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター