細密自宅課題

日本画科講師の藤木です◎

今年の日本画科では描写力強化の為、昼間部・夜間部ともに細密着彩の自宅課題を推奨しています。
講師がお題を出し、各生徒が二週間に一枚のペースで細密着彩を自宅で仕上げて来ます。

今週のお題は、「つぶした缶を描こう」です!

12349.jpg

123491.jpg

ラベルのレタリングがつぶした形態に沿ってちゃんと描けているかどうか、変形した時の人工物らしい光り方をきちんと表現できているかどうかなど、チェックポイントは様々です。
皆細かい文字まできちんと描いていて、なかなか神経の入った作品が揃いました。


過去のお題では、パン、バナナ、ガラスなどを出題しました。

12345.jpg

12346.jpg

12347.jpg

12348.jpg

観察すればするほど、無限に描写することができますね。
どこまで本物に迫れるか…観る力をどんどん育てていきましょう◎

日本画・彫刻交換カリキュラム

こんにちは。
日本画講師の吉田です。
6月12~17日、日本画科と彫刻科の昼間部は交換カリキュラムを行っています。


日本画科は粘土でブルータス・ジョルジョの塑造を、彫刻科はユリの花をメインにした静物着彩の制作です。
お互い慣れない課題、日本画の生徒は立ち仕事でヘトヘト、彫刻科の生徒は普段はやっていない色に神経を使いヘトヘトのようです。
平面作品を作る日本画科と立体作品を作る彫刻科、全く相反することをやっているように思われがちかもしれません。
が、塑造も静物着彩も求められているのは『観察力』。いかに的確にモチーフの印象を捉えられるか、モチーフに肉薄するか、やっていることはあまり変わらないのです。
『もっと画面とモチーフを離れて見比べよう』『色々な角度から石膏を見て見よう』これは我々講師が講評の度に必ず口にすることです。夢中になって描いているうちに、椅子に座りっぱなしで画面を客観視することを忘れがちな日本画生徒達。
今回の課題はいつもよりもモチーフを多面的に観察する良いきっかけになるのではないでしょうか。
明日の講評が楽しみです!

白いものを描く

日本画科講師の藤木です◎

昼間部では昨日、今日の二日間で石膏を含む静物着彩を行いました。
今回はあえて白い色のモチーフを多めに出題しています。
白い紙の上に白いものを描く、というのは難しいですが、きちんと存在感が出るように描けたでしょうか。

0.jpg

2.jpg

前回までの着彩では、白いものを描くときに画用紙の白を塗り残してしまいがちでした。
でも、見比べると真っ白のものなどなく、同じ白に見えても黄色味がかっていたり青味が強かったりします。
また、明るさにも順序があるので、一番明るいところと比べると 一見明るく見えるところもワントーン暗く見えるはずです。
今回の課題で、少し明るいところや白いものにも手が入るようになったのではないでしょうか。

モチーフ全体を広い視野で見れるようになれば、自ずとリアルな見え方をつくることができるはず…。
一課題一課題、少しずつ学んでいきましょう◎

BBQと夜間部着彩

こんにちは。
日本画講師の吉田です。
先週の日曜日、日本画科は彫刻科と合同でBBQ大会を開催しました!
奥多摩渓谷のキャンプ場、当日は曇天で程良く涼しく、楽しい交流の場でした。

緑の気持ち良い渓谷で水切りや水遊びも。
受験生達も束の間のリフレッシュ!!

(肉を焼いている写真が一枚も無い理由はお察し下さい… お肉も焼きそばもマシュマロもとっても美味しかったです…)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
さてさて、今週の夜間部は15時間で静物着彩を描いています。
スプレー菊・スターチスの花束をメインに、リンゴやグレープフルーツなどスタンダードなモチーフです。
夜間部はまだ静物着彩を数枚しか描いた事の無い生徒も多く、デッサンに手こずったり絵の具の塗り出しが薄くなったりと手探りな部分も多いのですが、各自必死で喰らいついて描いています。


去年から日本画科に在籍していて経験値のある生徒は今回、三原色着彩を行っています。
三原色(赤・青・黄)+黒+白の絵の具のみを使って描く混色のトレーニングです。
三色のみで描いているとは思えない程に複雑な色味を作れています↓↓↓

今は夏期講習に向けて、基礎固めの大事な時期です。
一枚一枚丁寧に仕上げて行きましょう◎◎◎

細密着彩

日本画科講師の吉田です。
今年の日本画科は描写力強化の為、昼間部・夜間部に細密着彩の自宅課題を推奨しています。
講師がお題を出し、各生徒が二週間に一枚のペースで細密着彩を自宅で仕上げて来ます。
第一課題はバナナ。

ベストリアルバナナを描いたのは夜間部生。
剥いて褐変したバナナの皮、果肉の質感。細部までじっくりと観察し描き切った貫禄のある作品です。
さて、5月10・11日と日本画昼間部は通常授業でも細密着彩課題を行いました。
描きたいモチーフを各自選び、12時間かけてじっくり細密着彩します。
果物、パン、石、薪、スルメ……うん、バリエーションが豊かですね……
……
………

……?????

…???
美味しそうな焼き鳥だ~~~!!!!???
中々渋いモチーフ選択ですが、自分の選んできたモチーフを細部までしっかり観察して描き切っています。(それにしても…何故焼き鳥を描こうと思ったのだろうか……?)

講評は実際のモチーフと絵を並べて行いました。
自宅課題細密着彩、二回目のお題はパン。
更にレベルアップした作品が並ぶのを楽しみにしています!
プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター