スタートデッサン

春ですね!
桜も咲き始め、気候は最近穏やかになりつつあります。春です。
色んな物事が始まっていく季節でもあります。

さて先日はスタートデッサンの講評会でした。
描いたモチーフは石膏のマルスです。

2018032608015383c.jpeg

なんだかとっても集中してみなさん描いていてとっても良いアトリエ空間でした。

講評する先生もデザイン、ファインの先生からのとても幅の広い講評会でした。
それぞれの科に進み始めるとなかなか他科の先生の意見を聞くこともなくなってしまいます。

講評する側もそうですが、色んな科の先生の意見を聞くことにもなるのでとても興味深い時間でした。

20180326080155233.jpeg




スタートデッサンでは色んな生徒の方がいらっしゃいました。
現役生、昼間部生、デザイン、彫刻、油絵科、、
それ以外だとなんと、中学三年生の方もいらっしゃいました。

経験者だけではなく、今回はじめて描く!なんて方もいらっしゃいました。

はじめてみるというのはなんだか不安になってしまいますが、そういう不安の何もかもは実のところ、一瞬でしかなかったり、人によってはもしかしたら杞憂でしかなかったりします。とりあえずでもやってみるとわかることがたくさんあります。
案ずるよりも産むがやすし。ですね!


絵を描くというのは楽しい経験です。なにかをかたちにするという能力はとても誇らしいものです。


今回は色んなはじめての入り混じったスタートデッサンでした。

モチロン、これからはじめてみたいな!とお悩みの方!タチビではいつでもお待ちしています!




◎ 東京藝術大学 卒業・修了作品展 ◎





とうとうこの季節が来ました。
東京藝術大学学部4年生と修士2年生による集大成をお披露目する、
東京藝術大学 卒業・修了作品展
が開催されます!

受験生も入試直前で忙しいとは思いますが、ぜひとも見に行って、モチベーションを上げてください↗↗
そして高校2年生の学生さんたちは将来へどのような選択肢があるのかをしっかり見てきてください!
一つの事ばかりではなく、分野横断的に幅広く物事を見ることで、自身の視野も広がると思います。

↓詳細情報↓
https://diploma-works.geidai.ac.jp/


東京藝術大学 大学院美術研究科 博士審査展





ただいま、

東京芸術大学にて

「東京藝術大学 大学院美術研究科 博士審査展」

を開催しております。

お時間ある方は是非ご来場ください。


以下東京芸術大学HPより掲載

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京藝術大学 大学院美術研究科 博士審査展
会期: 2017年12月12日(火) - 12月21日(木)
会期中無休
午前10時-午後5時 (入館は午後4時30分まで)
会場: 東京藝術大学大学美術館ほか上野キャンパス
観覧料: 無料
主催: 東京藝術大学
協賛: 株式会社ストライダーズ
東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程の最終審査を一般公開いたします。本展覧会は、博士学位の取得を目指す学生達にとって最終関門であると共に、大学院在学中の集大成としての作品、研究を発表し、今後、作家・研究者として活動していく上で、出発点となる展覧会でもあります。

公式サイト: http://dr-exhibition.geidai.ac.jp
問い合わせ: 東京藝術大学美術学部教務係
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
TEL:050-5525-2122
ハローダイヤル:03-5777-8600

2017年タチビ祭!

10月1日…着々と準備を進めてきた立美祭が、ついに開催されました◎
ご来場下さった皆様に、心よりお礼を申し上げます。
そして生徒のみなさん、約一ヶ月に渡る制作期間おつかれさまでした!

DSC_0413.jpg

今年は各科で作品リストを作り、作品の紹介や講師のコメントなどを添えて配布しました。

IMG_4805.jpg

16時30分からは、フィナーレイベントが開催されました。
フィナーレイベント最初は「座談会プレミアム」!
夏期講習に行われた座談会のプレミアムバージョン。担当講師5人がテーマに沿ってお話しします。
今回はそれぞれの「夢中なこと」についてお話しました!
油絵科の河野先生が素敵なオープニング映像も作ってくれました◎
旅の話、折り紙の話、絵本の朗読ラジオの話、かわいいについての話?、電車内のスケッチの話…
日々の夢中なことが制作につながっていくんですね。
各科の先生のそれぞれ違うタイプのお話が聞けて、楽しい時間となりました。

その次は「君と僕とのQ&A」コーナー。
制作期間中にフリーボックスというものを設置して、その中に講師や他科の生徒への質問やメッセージなどを投函してもらっていました。その中のお便りを取り上げ、講師が答えていくコーナーです。
「デザインとファインアートの違いは?」「学生講師の先生、卒業したあとはどうしますか?」など、普段聞けそうで聞けない真に迫った質問から、「先生が生きてきた中で一番好きな作品は?」など素朴な質問もありました。
制作期間中に撮影した写真をスライドショーで流す「思い出プレビュー」で、制作期間を振り返ったりもしました。

そして授賞式。
賞には、講師の投票によって決まる賞と、お客様投票によって決まる賞、それとデザイン科の先生が選出する賞があります。
たくさんの賞がありますが、すべて紹介しきれないのでここでは準大賞・大賞を紹介したいと思います。

まず、お客様投票によって選ばれたオーディエンス準大賞は…
『彩雫』 油絵科昼間部 佐々木翔大さん

sasakikun.jpg

IMG_746711.jpg


佐々木くんの作品は派手な演出や構図、色彩はありませんが、
鑑賞者が安心してその絵画の世界に浸れるための技術と集中力がありました。
本人も画面も多くは語りませんが、
ゆっくりと丁寧に大事な言葉を伝えてくれる温かい作品の雰囲気が
ご来場いただいた皆様の票につながったのではないでしょうか。。。
最後まで本当によく粘って描きあげましたねっ
翔太くんっ おめでとうございますっ!!
(講師コメント)


そして、講師の投票によって選ばれたタチビ準大賞は…
『夢みるぼくの机』 油絵科夜間部 倉澤紘己さん

yumemirubokuno.jpg

20171002154652586.jpg yumemirubokuno2.jpg

コンパス、えんぴつ、ケシゴム、教科書、目覚まし時計…
机の上においてあるものが元気よく動き出すアニメーション作品です。
発想が自分の身近でありふれているからこそ、見る人に親近感を覚えさせるのでは無いでしょうか?
作者の倉澤くんは2度目のアニメーション制作。しかし音楽やカメラアングルなどなど技術的にも前作の作品よりもパワーアップした作品です!
倉澤くんおめでとう!
(講師コメント)


お客様投票によって選ばれたオーディエンス大賞は…
『わっ!!』 彫刻科昼間部 飯島伶圭さん

20171003001251e5e.jpeg

2017100300114894e.jpeg 2017100300105233d.jpeg

制作が始まった時、何か立派な考えがなければ作品が作れないと何も作れずにただ動くだけでどうしようもない感じでした。けれどやりたい事をやって良いんだ、好きなものを作って良いんだという事に気が付いてからは、自分の作りたいものや、それをどう見せたいかと言う事に素直に突き進んでいき、それが結果として表れ良かったと思います。
制作過程から見ていき、作品自体の形態の面白さはもちろん、「わっ!!」というタイトルからドーナッツの穴をのぞいた時にうわっ!となる感じ、アートの純粋さを見せつけられた気がします!

結局ドーナッツの穴は食べられるのでしょうか。

兎にも角にも、この作品は本人にとって今後色々と大切な作品になるでしょう。
本当はまだ受験生に言いたくはないけれどそれでも、よく頑張った!!!!
受賞おめでとう!!!!!
(講師コメント)

‪受賞とってもうれしいです!‬
‪最初は考えすぎてしんどかったです。でも、喝をいれてくれた友だちと先生のおかげで、好きなことをやり切るっていう大切なことを思い出せました。‬
‪よいドーナツを作れてよかったです。ありがとうございました!!‬
(生徒コメント)


そして、講師の投票によって選ばれたタチビ大賞は…
『国立奥友美術館』 油絵科昼間部 奥友ひとえさん

okutomo2.jpg

okutomo.jpg

IMG_7476.jpg


アンディ・ウォーホル、ルノワール、岸田劉生、モナリザ、アンリ・ルソー、のパロディとなる絵画と展示演出の作品です。
美術界に造詣があれば、特質したアイデアとは思えないのかもしれませんが、
演出や細部にわたるこだわりは世界観としてもとても強く、
審査員の印象に強く残ったのではないでしょうか。
国立市出身である作者だから、『国立奥友美術館』。
作品一つ一つに添えられた独自の作品解釈となるキャプション。
美術館監視員に扮した作家本人。
作品前にガードとして置かれたロープ。
美術館空間にこだわった床、壁面、照明。
クスッと笑わせてくれる内容。
うーん、面白かったですっ!!
評価に結びついた努力を大切に考え、今後につながって欲しいかと思いますっ
奥友さんっ、おめでとうございます!!!
(講師コメント)


お客様投票と講師投票は少し違った視点から選ばれているので、それぞれ選出作品に違いがあるのがおもしろいですね。
どちらの大賞・準大賞もすばらしい作品だと思います!
ここでは紹介しきれませんが、賞には入らなかった作品にも、おもしろい作品、かっこいい作品…など良い作品がたくさんありました。
ほんとにみんな、よくがんばったと思います。おつかれさまでした。
自分の作品を責任持って仕上げる意識を忘れずに、これからも楽しく厳しく、制作を続けていってください!

★!立美が立美祭トップ画公開!★

学生達は立美祭に向け制作に身を捧げている中、立美から立美祭ポスターが公開!!


tachibisai2017.jpg



毎年、講師陣からの投票や来場者の投票により受賞者を発表するこの祭典。

今年はどのような力作が生まれるのだろうか。


------------------------------------

立美祭
2017 10/1 (日)
9:30-16:00
立川美術学院一号館
入場料無料
プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター