美大生活恒例企画.....

こんにちは芸大彫刻科戸田です。

GWも明け、新生活も1ヶ月が過ぎましたね!
そんな時期のメインイヴェントと言えば、

新入生歓迎会です!!



芸大では毎年、3年生が企画担当します。

新入生は先輩の方達に自己紹介も兼ね、一発芸を披露してもらいます!!



大変盛り上がっていました。
新入生の皆さん改めて、ご入学おめでとうございます!

そして、受験生の皆さん、来年の一発芸披露目指して、共に頑張っていきましょっ!!!
最高のネタを期待してます!

もっとアートを身近に

いま表参道で開催中のSICF18にて、先日行われたタチビ彫刻科講師の方のワークショップの様子をお届けします!

FullSizeRender (5)

ん~毛布の衣装や小物をまとってお花見です!
酒瓶まで毛布、後ろのミロのヴィーナスまで毛布...........。
お客さんも盛り上がってそうで何よりです!

ところで、ワークショップという単語をあまり聞かない人も多いのではないでしょうか、

ワークショップにも様々な形がありますが、授業や講義といったものとは違い、一般の方達も参加し、アーティストや企画者たちとコミュニケーションを通して体験学習していくものです。

生涯学習の一つとしても紹介されますね。
実はアーティストや個人での企画だけでなく、
美術館・博物館、公共機関でも学習やLearningという項目で行われているんですよ。

折角なので、美術館の美術教育プロジェクトをご紹介します。



海外では、日本のように学校に美術選択授業というものがなかったりする場合があり、そこで美術館・博物館が美術教育・文化教育に積極的に取組んでいます。

・ニューヨーク近代美術館MOMA(アメリカ)
https://www.moma.org/calendar/?utf8=%E2%9C%93&happening_filter=Workshops&date=2017-05-04&location=both
・メトロポリタン美術館(アメリカ)
http://www.metmuseum.org/learn/kids-and-families
・テートミュージアム(イギリス)
http://www.tate.org.uk/whats-on?event_group=workshops

このように、子供向けから大人向け、家族向けなど、様々なプログラムが用意されています。
毎週学芸員が美術館の案内・作品解説をするプログラムもされています。


一方日本でも美術教育を積極的に行っている美術館もあるんですよ。

・東京都美術館×東京芸術大学
http://tobira-project.info/
東京都美術館では東京芸術大学と協力し、一般の方達とともに美術館見学や、ワークショップを行って、地域、コミュニティの教育に取り組んでいます。


・国立新美術館
http://www.nact.jp/education/workshop/
国立新美術館では、アーティストの方達と協力しワークショップを行っております。


このように、日本を含めた各国でアートを通して教育を行う活動が積極的になってきています。
皆さんも、積極的に参加して、充実した生涯学習を行ってはいかがですか?


美大生のGW②

こんにちは再び戸田です........。
SPIRALに続き、
トーキョーワンダーサイトの渋谷館と本郷館の展示もご紹介しようかと思います。

トーキョーワンダーサイト渋谷では、
「7つのトランスフォ二―」という展覧会が開催されております。
トーキョーワンダーサイトでは世界中のクリエーターが滞在制作を行う「クリエーター・イン・レジデンス」というプログラムを行っています。

5.jpg

東京で滞在制作をした、海外のクリエーター7人による展覧会です。

6.jpg

7.jpg

多くがビデオインスタレーション作品です。
しかし、内容はとても美しかったです。
モノを作って壁に飾る、台座に置くなどといったものだけがアートと思っている方もまだまだ多いのではないでしょうか。
しかし今は、アートというものが様々な形で表現されているんですよ。
そこでは、彫刻作品も作る中、映像作品も作るクリエーターもいます。
表現方法はその人次第!

展示詳細はこちら↓
http://www.tokyo-ws.org/shibuya/index.html
トーキョーワンダーサイトHP↓
http://www.tokyo-ws.org/index.html


トーキョーワンダーサイト本郷の方もご紹介。

8.jpg

こちらでは同じく「クリエーター・イン・レジデンス」の一環として、昨年度二国間交流事業プログラムで選ばれた8人の日本人クリエーターによる滞在制作の成果発表展です。

9.jpg

10.jpg

11.jpg

普段の生活や、現代社会のあり方をとある角度から浮き彫りにし、はっとさせられる展示でした。
展覧会詳細はこちら↓
http://www.tokyo-ws.org/hongo/index.html
トーキョーワンダーサイトHP↓
http://www.tokyo-ws.org/index.html

このGWは自分の持ってるアートの視野を広げる良い機会なのではないでしょうか。
皆さんもご家族や友達とぜひ足を運んでみてはいかがですか?
ん~明日はどこへいこうか................。





美大生のGW①

こんにちは彫刻科学生講師の戸田です!
さぁ、GWが始まりましたね!
皆さんどんな過ごし方をするのでしょうか!
ぼくは折角なので、皆さんにアートなGWの過ごし方をご紹介しようかと思います!

今日は表参道にあるSPIRALと、トーキョーワンダーサイト渋谷館と本郷館でアート鑑賞をしてきました!

3.jpg

こちらはSPIRALの様子。
彫刻科講師の江頭先生の作品がお出迎え......。
今SPIRALではSPIRAL INDEPENDENT CREATORS FESTIVAL 18という
150組ものアーティストが展示しているアートフェスティバルが開かれております。

あまりにも出展者数が多いため、3グループ3回の会期に分かれて出展しています。

1.jpg

2.jpg

SICF18HP↓
http://www.sicf.jp/#home

この花柄の作品はもしや?

4.jpg

実は彫刻科講師の江頭先生、2016年開催の「SICF17」にてグランプリを受賞したアーティストだったんです!?
江頭先生の作品でお花見をしながら、他のアーティストの方のパフォーマンス作品を鑑賞。




美術館や博物館だけでなく、あらゆるところに実はアートスポットがあるんですよ。
皆さんもお時間あるときはアートな日を満喫してはいかがですか?

会期中、江頭先生を含めた昨年度受賞のアーティストの作品は常時展示されております。
尚、作品展示に限らず、本展覧会審査員によるトークイベントなど開催されます。
作品を鑑賞するだけでなく、アーティストやアートにかかわる人たちがどのような事を考えているかを勉強できるいい機会だと思います。詳しい情報は展覧会ホームページでご確認ください。

SICF18HP↓
http://www.sicf.jp/#home


また2016年開催の「SICF17」にてグランプリを受賞したアーティスト江頭誠さんと、現代芸術作家であり東京芸術大学彫刻科教授である大巻伸嗣さんとの対談も合わせてごらんください。

vol.19 SICF受賞者特別対談 江頭誠✕大巻伸嗣↓
http://www.sicf.jp/interview/vol19-sicf.html

展示紹介

こんにちは、基礎科学生講師の谷口です。
普段は芸大で日本画を学んでいます。
外部で参加しているグループ展が明日から始まるので、お知らせも兼ねて紹介させていただきます。




たまらなくかわいいアート展
4/26〜5/2 (最終日18時まで)

それぞれの思う「かわいい」を表現する展示です。
テーマは動物の赤ちゃんで、それだけでもかわいい感じですが…果たしてどんな作品が並ぶのでしょうか。
私は2点出させて頂いています。
よろしければお越しくださいませ。


プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター