自分の中のアンテナ

こんにちは。油絵科です。
朝晩の風が冷たくなり、いよいよ受験シーズン突入という感じがしてきました。1回目のコンクールも開催され、普段の授業とは違った緊張感が漂う中、浪人生と現役生が同一課題を通し、お互いに刺激を交換し合ったのではないでしょうか。

描き出し3時間の様子です。
この段階でデッサンの狂い、色調のバランス、構図の狙い、などなど、自分の視点がどのようにモチーフと空間を捉えているのかを画面に打ち出すことが重要です。

こちらは個別課題の様子です。
線で捉えるデッサンと明暗で捉えるデッサンを数日かけて学んでいます。
日常的にアンテナを張り巡らせていると、ふとした光景に目を奪われたり、ふいに飛び込んでくる文章がどうしようもなく気になったりします。課題を通して学ぶことも多いですが、自分のアンテナが反応した物事を分析し、解釈していく中で学ぶことも多いです。
意識を鋭敏にし、自分にベストだと思う方法で、やれるだけのことをやってみましょう。本番当日、積み重ねてきた日々が自信となり、皆さんの背中を押してくれるはずです。

ゴチャゴチャゴチャゴチャゴチャゴチャ............

こんにちは基礎科です。
今日から新課題が始まりました。
今回のお題は「ゴチャゴチャタワー」です!



ん〜どこから手を付けていけばいいのやら......
馬居るし........



画用紙に炭を塗って下地を作ったり、
あらゆる画材を駆使して迫力あるデッサンにしていきたいですね!
以上基礎科からでした。



以下は前回の課題の秀作です。




しっかり炭を乗せてこれましたね。




「時間」というテーマに対し上手く答えられてきましたね。




状況に説得力がしっかりありますね。


美術館巡り...。

こんにちは、彫刻科学生講師戸田です。

昨日は午前中の制作をサボって美術館巡りを行ってました。

まず行ったのは、国立新美術館で開催中のジャコメッティ展です!
彫刻科ならテンションアゲアゲの作家ではないのでしょうか。

IMG_0258.jpg

彼はものを理解するために対象物を観て、さらに観て、さらにさらに観て、ひたすら観てものとは何かを理解しようとした方です。
対象物を観まくって制作をしていたら次第に作品が小さくなっていったり、細長くなっていったり.....。

IMG_0242.jpg

IMG_0243.jpg

館内は一部写真撮影がOKなエリアもあります。最近は写真撮影がOKな展覧会が増えてきています。
↓展覧会情報です。
http://www.tbs.co.jp/giacometti2017/




続いては、東京芸術大学大学美術館です。

front.gif

実は大学に付属の美術館や博物館があるのは珍しくないことなんですよ。

フランスと芸大が共同で行った展覧会に友達が出展していたので足を運んでみました。

IMG_0245.jpg

IMG_0248.jpg

IMG_0247.jpg


↓展覧会情報です。明日までの展示なのでお気を付けください。
https://dreaming2074.tumblr.com/


是非皆さんも休日は美術館巡りをしてアートな一日を楽しんではいかがですか?
















美大生活恒例企画.....

こんにちは芸大彫刻科戸田です。

GWも明け、新生活も1ヶ月が過ぎましたね!
そんな時期のメインイヴェントと言えば、

新入生歓迎会です!!



芸大では毎年、3年生が企画担当します。

新入生は先輩の方達に自己紹介も兼ね、一発芸を披露してもらいます!!



大変盛り上がっていました。
新入生の皆さん改めて、ご入学おめでとうございます!

そして、受験生の皆さん、来年の一発芸披露目指して、共に頑張っていきましょっ!!!
最高のネタを期待してます!

もっとアートを身近に

いま表参道で開催中のSICF18にて、先日行われたタチビ彫刻科講師の方のワークショップの様子をお届けします!

FullSizeRender (5)

ん~毛布の衣装や小物をまとってお花見です!
酒瓶まで毛布、後ろのミロのヴィーナスまで毛布...........。
お客さんも盛り上がってそうで何よりです!

ところで、ワークショップという単語をあまり聞かない人も多いのではないでしょうか、

ワークショップにも様々な形がありますが、授業や講義といったものとは違い、一般の方達も参加し、アーティストや企画者たちとコミュニケーションを通して体験学習していくものです。

生涯学習の一つとしても紹介されますね。
実はアーティストや個人での企画だけでなく、
美術館・博物館、公共機関でも学習やLearningという項目で行われているんですよ。

折角なので、美術館の美術教育プロジェクトをご紹介します。



海外では、日本のように学校に美術選択授業というものがなかったりする場合があり、そこで美術館・博物館が美術教育・文化教育に積極的に取組んでいます。

・ニューヨーク近代美術館MOMA(アメリカ)
https://www.moma.org/calendar/?utf8=%E2%9C%93&happening_filter=Workshops&date=2017-05-04&location=both
・メトロポリタン美術館(アメリカ)
http://www.metmuseum.org/learn/kids-and-families
・テートミュージアム(イギリス)
http://www.tate.org.uk/whats-on?event_group=workshops

このように、子供向けから大人向け、家族向けなど、様々なプログラムが用意されています。
毎週学芸員が美術館の案内・作品解説をするプログラムもされています。


一方日本でも美術教育を積極的に行っている美術館もあるんですよ。

・東京都美術館×東京芸術大学
http://tobira-project.info/
東京都美術館では東京芸術大学と協力し、一般の方達とともに美術館見学や、ワークショップを行って、地域、コミュニティの教育に取り組んでいます。


・国立新美術館
http://www.nact.jp/education/workshop/
国立新美術館では、アーティストの方達と協力しワークショップを行っております。


このように、日本を含めた各国でアートを通して教育を行う活動が積極的になってきています。
皆さんも、積極的に参加して、充実した生涯学習を行ってはいかがですか?


プロフィール

tachibi

Author:tachibi
芸大・美大受験予備校
立川美術学院
芸大・美大受験予備校<br /> 立川美術学院

タチビFaceBook
タチビの先輩たちや講師のメッセージを読んでみよう! OB、OG、タチビ講師の個展情報もチェック☆
タチビtwitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
リンク
最新記事
以前の記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
カウンター